日々是好日

魂の声に沿って心と体を満たして生きる

心が軽くなる魔法の言葉5選

スポンサーリンク

こんにちは。ゆいまるです。

今日は私が人生のどん底で見つけた心が軽くなる言葉を5つ紹介したいと思います。

大丈夫大丈夫!みたいな、単なるポジティブな言葉、というものではありません。自分の内側に向き合うきっかけになった言葉(質問)を紹介したいと思いますので、ぜひ一度使ってみてほしいと思います。

 

 

まずはじめに

人間、どうして心が重くなるのでしょうか?

それは、過去をねちねちこねくり回したり、未来を漠然と不安に思うから。なのではないでしょうか。そしてそれはどうして起こるのかというと、自分の魂の声(本心)を無視しているから、その結果心が満たされていないからです。

 

自分はAだと思っているけど、世間的にはという理由でBを選んだ

自分の魂(本心)は無視されたと同然なので心が満たされない

どうしたら満たされるのかとまた頭で考える

結局頭で考えても自分が満たされる答えが出ない

また考える(ループループループ)

 

太文字で書いている部分が心を重くする『悩み』の部分です。

 

心を軽くするためには

 

自分はAだと思う。世間も周りも大体Bというけれど、私はAを選ぶ。

自分の魂が満たされて、満たされる現実が作られ始める。(物事に納得感がでてスムーズにいく)

また何かを選ぶときは自分の声に従う

満たされる、うまく流れるから疑いなく自分の声に従うことができる

 

この流れなのだと人生のどん底で気づきました。

 

ということは、心を軽くしようと思うと

『自分の声を聞いてその声に従う』

というのが大切ということです。

 

今日は自分の心を軽くする(自分の本当の声を聴く)のに役に立った言葉を紹介していこうと思います。

 

① それってほんま?

私自身、心身共にどん底にいた時は、自己否定や後悔、どうしてこうなったのか、どうすればこうならなかったのかという反芻思考、この先このままの状態だったらどうしようという不安。

そんな感じで未来と過去に縛られて心も体も鉛のように重かったのです。

そんな中、認知行動療法というカウンセリングを受けることに決めたのですが、そこで、「あなたが思っているそれは本当ですか?違う可能性はありませんか?」というような問いが出てきました。

 

◯◯になったらどうしよう。と起こっていないことを心配するというのはよくあることだと思います。結婚できなかったらどうしよう。仕事が◯◯だったらどうしよう。よく聞きますよね。

 

でも、その可能性があるんだったら逆の可能性も考えてみる。「そうなるって本当?誰が決めたの?」と一度自分に聞いてみてください。

 

そしたら、あれ?本当かどうかは分からん。。誰が決めたのかって、、えっとー、、、あれ???となりますよね。

 

じゃあそもそも、なんで不安なの?結婚はしなきゃいけないものなの?それは誰が決めたの?etc...といったように、自分が思っていることをひとつひとつ「それって本当?」という質問で深めていくのです。

 

そうすると、全部思い込みやな。となることが大半です。

 

世界や時代が変われば常識は変わるわけです。なんなら時代は同じでも、生きる世界、業界によって、常識は変わるわけですよね。

魂の声を無視してしまう原因のひとつとして、世間の常識、世の中の普通、というものにひっぱられるということがあります。

 

だから、心が重くなったときには「それってほんま?」と聞いてみてください。

 

私はそう自分に問いはじめて、世の中の全てのことが思い込みだということに急に気が付きはじめ、自分の正解を選ぼう、という気持ちになりました。

 

② それは自分を幸せにする?

それってほんま?に続き、それは自分を幸せにする?という言葉(質問)も魔法の言葉です。

自分の思い込みに気付いたら、「それは自分を幸せにする?」と聞いてみてください。

私はほとんど「いいえ」でした。

 

この年齢になったらこうあらねばならない。仕事はこうあらねばならない。家族だから友達だから。普通こうだから。〜すべき。

そんな思い込みで知らず知らずのうちにがんじがらめになることがあります。

 

でもどれもこれも全部思い込み。

自分を幸せにする思い込みは持ち続けてもいいけれど、苦しくなる思い込みなら、修正するのが一番良いですよね。

 

手放す方法は、思い込みに気付いて、自分を幸せにするものか苦しめるものかを判断し、手放そうと頭の中で決めるだけです。

 

普段無意識に考えていることばかりなので、感情に飲み込まれている時は、まさか自分が思い込みで苦しんでいるという発想にもなりません。(私はそうでした。笑)

あの人がこう言うから。会社がこうだから。普通こうだから。世間がこうだから。みんなこうだから。という無意識に染みついてきた思い込みで自分の首を絞めているわけです。

 

自分の心を満たして生きるためにはこの思い込みに気付いていく作業が大事なのだということに気付きました。

 

私はずっと外側に正解があると思い、必死にそれらしいものに合わせようと無意識に頑張っていたのですが、外側を探しても探しても、本当の意味で自分が納得する答えは見つかりませんでした。

 

それは当然のことで、外側の世界に正解なんてないからです。

幸せに生きる正解、仕事の正解、恋愛の正解、家族の正解、生き方の正解、そんなものは外側をいくら探しても存在しない。

 

いつもどんな時でも自分の中にしか正解はない。

 

そして、外側ばかり見ていると当然、自分の正解(魂の声)からズレていくので心は重くなります。

 

自分を幸せにするものだけが自分にとっての正解です。

 

だから私はそれは自分を幸せにする?と自分にいつも聞くようにしています。

 

③ 何を思ってもOK

これは自分を大切にする方法という記事でも書きましたが、「何を思ってもOK」と自分にOKを出すと胸の辺りがスッと軽くなります。

 

真面目な人、正義感が強い人、エンパス体質の人は特に、世の中のルールみたいなものに縛られやすい傾向にあると思います。

そんなネガティブなことを思ってはいけないとか、ポジティブに考えなきゃとか、人を悪く言ってはいけないとか、無意識にそんな意識になって自分の感情を無視してしまうことがあります。

もちろん、ポジティブに考えることは大事だし、人を悪く言わないことも大事です。

だけど、自分の感情に気付いて受け入れることの方が先です。

 

今自分は悲しい。怒っている。むかついている。その気持ちに気付いてきちんと感じ切ると心は軽くなります。

 

余談ですが、感情の扱い方はこの本がとてもわかりやすいです。

最近見つけて読んだのですが、私が感じていることが全部まとまっていました!

だからほぼこれは私が書いた本です!笑(違うか)

 

 

 

④ 自分が一番楽になる方法は何?

これは正直、感情に飲み込まれている時には効かない言葉かもしれません。

感情に飲み込まれ、自分がたくさんの思い込みにがんじがらめになっているとも気付いていなかった時は、友達に言われたこの一言が全く理解できませんでした。

なんなら、一番楽になる方法が分かるならこんなことなってへんわ!と思っていました。(ごめんなさい。笑)

この時はまだ周りに起こることが自分を悲しませたり怒らせたりしていると思っていたので、そんな思考になることもありませんでした。

 

でもそれは自分を幸せにする?と同様に、「自分が一番楽になる方法は何?」と自分に常に聞くこと、そしてその答えをひとつひとつ採用していくことが、大切なのだと、後になって気付きました。

 

繰り返しになりますが

自分を幸せにすること、自分の心が軽くなることが、正解だからです。

 

AさんにはAさんの正解があり、BさんにはBさんの正解があります。

 

⑤ ありがとう、ごめんね、許してね、愛しています

これはハワイ伝統の感情のクリアリングメソッド「ホ・オポノポノ」です。

自分の心が重く感じる時、例えば怒りとかモヤモヤとか悲しみとか嫉妬とか自己否定とか、なんでもいいですが、そんな感情が湧いてきたとき、すぐにこの4つの言葉を言うというものです。

昔は専門のカウンセラーのような人がいて、その人と一緒にこういったワークのようなものをするのが主流だったそうですが、誰でも簡単にできて効果のある方法として、これが広まっているそうです。

正直、思考がグルグル、あまりにしんどかった時は、本を読んだはいいものの、そんなもん言うて何になんねんやろ。と思っていた時期もあったのですが、日常生活のちょっとした感情はこれでクリアリングできました。(わたしの場合)

 

クリアリングというのは、分かりやすく言うと、ネガティブな感情が湧いてきたらそれを言葉という魔法で消してしまおう、というものです。

 

むかつくー!を放置しておくと、やっぱりあの人のあの言葉が、あの状況でこうしていれば、という思考が油の役目を果たし、感情の火はメラメラ燃え上がります。

 

が、むかつくー!が出てきた時に、「ありがとう。ごめんね。許してね。愛しています。」という言葉を使うことで思考が遮られるとともに、優しい言葉をかけて怒り狂うことはなかなかできないので、感情の火が弱まる。ということだと私は解釈しています。

 

詳しく知りたい方はこちらの本を読んでみてください。

実例やこのメソッドの仕組、やり方が書いてあって、いろいろ読んだけど一番わかり易いなと個人的には感じています。

 

 

 

 

まとめ

自分の内側に問いかけるこの5つの言葉を使うことで、魂は、やっと目を向けてくれたの???と言わんばかりに喜びます。胸の辺りがスッとしたり力がスッと抜けたとき、それは魂が喜んでいるということです。私も実際にスッとするのを体感して、すごいなぁ、言葉一つ、考え方ひとつでここまで・・・としみじみと感じました。

と同時に今まで無視してきてごめん。とも思いました。

 

それから余談ですが、今日紹介した本はKindle Unlimitedで読むのがお得です。もう会員の人はどちらも無料で読めるのでぜひ。まだ会員でない人は初月無料(月額980円)なので気軽に試せると思います。

 

 

 

みなさんの心が1ミリでも軽くなることを祈ります!

今日はこのへんで。