「素敵な奥さんになる」をモットーに花嫁修業に奮闘する管理栄養士のブログ。

デブゴリラからゴリラになった私が伝えたいこと。

f:id:maruok-y:20180214003653j:plain

最近食べたイノシシのお肉があまりに美味しすぎて、もう食欲アクセル全開。どうも、まるおです。

最近募集した「脱ゴリ女子会」盛り上がる予感しかしてない今日このごろ。

近々、3月の脱ゴリ女子会のお知らせをするのでしばしお待ちをいただきたい。

www.yuimaruuu.com

 

今日は、私がデブゴリラからゴリラになった話である。

ひとつ言っておくが、これは自虐ではない。事実である。

私のおデブレベルMAXだった時の写真も公開している。

 

誰かの心の支えになってくれることを祈るばかりである。

 

世間一般的な女性に比べると少々ふくよかなわたしだが、

昔はもっとふくよかだった。いや、もはやおデブだった。

 

せっかくだから公開しておこう。わたしのおデブレベルMAX時代の写真を。

f:id:maruok-y:20180212141603p:plain

 

お尻から脚にかけて、しっかり見てほしい。

素晴らしい逆三角形である。

 

黒色には引き締め効果があり、着痩せして見えるというのが全人類共通の認識だろう。

この頃の私も、その着痩せ効果というもの期待して黒のズボンを履いていた。

だが、そんな素晴らしい効果を秘めたスーパーブラック全くもって効果を発揮していない。

全人類共通の認識を覆す結果となった。

 

何事も人と比べるのはよくない。私は私、人は人である。だがしかし、これは比較せずにはいられない。

控えめに言って、まわりの友達の2倍はある。

 

もはや、ピースしてる場合ではない。

 

そんなこんなで、この時の私は、太り過ぎて、大きく息を吸うのもしんどかった。

ズボンはユニクロのウルトラストレッチデニムの28インチ(最大サイズ)しか入らなかったし、ちょっとお腹周りのラインが出る服を着ていたら、妊婦と間違われてご丁寧に席を譲っていただいたこともある

 

「あ、わたし妊婦違うんです、お腹が少々出てるだけで、、、テヘペロ」

 

今ならきっとそう言えるだろう。

ただ、そのときはまだ20歳。素晴らしい心遣いに、まだまだ日本も捨てたもんじゃないなと思う一方で、若かりし頃のわたしはさすがに凹んだ。

 

わたしは、意を決してダイエットをすることにした。内容は、主に食事管理。

幸いにも、大学で栄養学を専攻していた私は、栄養のことは大体理解できた。

習ったこと、本で読んだことを忠実に試していった。

 

ストレスで毎日貪り食っていたコンビニスイーツをやめ、あらゆるお菓子をやめ、食事も量と質を考え、食べる順番もしっかり管理した。

www.yuimaruuu.com

 

そんな生活を続けた結果、約1年ほどで10kg以上痩せた。

 

食事を変えると、ひどかった鼻炎や生理痛、偏頭痛も改善した。毎日イライラしていたのに、そのイライラもなくなった。

 

管理栄養士になるために大学に通っていたにも関わらず、ただ食べるということにしか興味がなかった私は、そこではじめて気がついたのだ。

 

食べ物と体がめちゃくちゃ関係しているということに。

 

ここまでが私のデブゴリラからゴリラになった経緯である。

 

ここで、私が伝えたいことはひとつ。

 

もう勘の良い人なら気がついたはずだ。

 

栄養学。

 

そう。それは、素敵な奥さんになるために必須の知識である。ということだ。

 

人を良くすると書いて食。

わたしも食を変えて良くなった一人だ。だから胸を張って自信を持って言える。

 

食事は本当に大事だと。

 

風邪もほぼひかなくなったし、偏頭痛も生理痛もマシになった。普通サイズの服も入るようになったし、大きく息を吸えるようにもなった。むやみにイライラすることもなくなったし、肌荒れもほとんどない。

 

食事が全てを決めるわけではないが、食事が体に与える影響は大きいのだ。

 

この経験以降、私はずっと思っていることがある。

 

栄養学を伝えたい。いや、伝えるべきだと。

素敵な奥さんになりたいという仲間に、私が学んできたこと、実践してきたことを伝えるべきだ、出し惜しみなく。

 

おしゃれな服装とか、髪の可愛いアレンジとか、センスのいいキラキラ料理とか、かわいいメイクとか、そういうのはごめん。

何一つ教えられない。むしろ教えてほしい。

 

でも、栄養のことなら沢山伝えられることがある。

  

だから近々「栄養レッスン」をはじめようと思っている。

 

今は全く興味がなくてもいい。興味がなければ無理に学ぶ必要もないと私は思っている。特に不都合なことがなければ、興味が沸かないのは当然だとも思う。

 

だけど、今後もし興味が湧いたとき、子どもが生まれる、結婚する、自分や家族の体調が優れない・・・という場面で食事を見直す必要に迫られたときに、ふと思い出してもらえたらいいなと思う。

 

そういえば、栄養のこと教えてくれるゴリラ管理栄養士がいたっけな。って

※その頃には深田恭子になってるかもしれないので悪しからず。 

 

あと、最後にひとつ想像してほしい。

 

旦那さん最近疲れてるな。

あ、子どもが風邪気味・・・

旦那さんが最近筋トレ頑張ってるな

あれ、最近肌の調子悪いなぁ・・・

 

じゃあ今日のごはんは、このメニューにしよう。

この食材を使おう。

 

そうやって、状況に合わせて食事を選ぶ自分の姿を。

 

ちょっといい奥さんになれる気がするはずだ。

 

栄養レッスンの募集は近々始める。大阪と東京かな。

興味がある人はチェックしてもらえたらと思う。

 

ということで今日はこのへんで。良い夢見るぞ。おやすみ。 

f:id:maruok-y:20180105204417j:plain