実は良い成分がたっぷり!唾液の成分と働き。

f:id:maruok-y:20160804204654j:plain

1日に1.5ℓ程出ている唾液。唾液って何のために出ていると思いますか?

 唾液の役割

唾液の役割は大きく分けてこの5つ。

  • 味を感じられるようにする
  • 口の中を洗う
  • 口の中の保護
  • 口の中の殺菌
  • 歯の補修

普段あんまり唾液のこと考えることないけど、実はいろんな働きしてるんですよね~

 

唾液の成分と働きの詳細

f:id:maruok-y:20160804211856j:plain

味を感じられるようにする

唾液はほとんどが水分。この水分に食べ物を溶かすことで、味を感じられるようになります。水分が全くないと、味って感じないんですよね。あと、飲み込みやすくする働きもあります。

パサパサで口の中の水分を持っていかれるようなものって飲み込みにくい。。。って経験ありませんか?

洗浄作用

食事のあと口の中に食べかすが溜まらないのは、唾液のおかげです!もし、唾液がなかったら口の中は食べかすだらけですね。

汚れたものを水で洗い流すのと同じイメージ!

口の中の保護

唾液に入っている『ムチン』という粘液成分が、口の中を保護してくれています。

殺菌

唾液には『リゾチーム』という酵素が入っていて、これが口の中を殺菌してくれています。口の中の傷は治りやすい。とか、ケガしても唾つけたら治る。とか聞いたことないですか?(笑) 私は子どものころ、おばあちゃん家に行くと、よく言われてました(笑)

これはまさに、この殺菌作用のおかげですね!

歯の補修

唾液の中のカルシウムイオンが歯の補修をしてくれます。

アミラーゼ

白ごはんをよく噛んで食べると、甘くなる!っていう経験ないですか?

そもそも、白ごはん(でんぷん)には味がないんですが、唾液に含まれる『アミラーゼ』という酵素の働きででんぷんが分解されることで、甘くなるんです!

 

よく噛むことで得られるメリット

f:id:maruok-y:20160804212347j:plain

唾液には良い働きが沢山あるので、よく噛んで、唾液をしっかり出したいですよね。

ご飯の美味しさも増すし、歯周病の予防にもなるし。

よく噛むと、脳への血流も良くなるので、脳も活性化します!

それに、よく噛んでゆっくり食べると満腹感も得られるので食べすぎも防げます!

最近は柔らかくて、よく噛む必要のないものが多いですよね。ふわふわのパンとか、しゅわしゅわのパンケーキとか、パスタとかラーメンとかも柔らかいですよね。

なので、意識的に噛みごたえのあるものを食べるようにすると、自然とよく噛めるんじゃないかなと!思います!

まとめ

f:id:maruok-y:20160606235002j:plain

わたし、ここ2年間、食べるのがめちゃくちゃ速い人と一緒にご飯食べることが多かったので、わたしも自然と食べるのが速くなっちゃったんですよ (笑)

なので、ゆっくりよく噛んで食べる。私も意識して実践したいと思います('ω')ノ(笑)

【この記事を読んだあなたにオススメの記事】

www.yuimaruuu.com

www.yuimaruuu.com