美味しいもの。からだにいいもの。日々のこと。

まだ人間関係で消耗してるの?みんな誰かに嫌われてるし、それが普通のことなんだ。

f:id:maruok-y:20160309232805j:plain

人は生きている限り、必ず誰かに嫌われます。

もうそれは仕方ない。というよりもむしろ、生き物の世界ではそれが普通。

 

◎みんなに好かれたかった

f:id:maruok-y:20160309233014j:plain

高校生、大学生とか、多分一番人目を気にする時期じゃないですか。私はみんなに好かれたかった。嫌われたくなかった。だから、みんなに合わせてニコニコして生きてようって思っていました。だけど、いつのまにかそれに限界がきた。窮屈で窮屈でたまらなくなった。

この人ほんとにムカつくー!って思っても愚痴を言う人だと思われたくないから、愚痴のひとつも言えない。どんどんどんどん何かが溜まっていくのを感じていました。

だけど、それが崩せなかった。一度崩すと自分自身が崩れると思ったから。

 

今では考えられないくらい、人からの評価を気にしていたんです。

 

◎みんなに好かれるなんてあり得ない

f:id:maruok-y:20160309233349j:plain

だけど、みんなに好かれるなんてあり得ない。というより、それは不自然。

食べてきたものも、見てきたものも、聞いてきたものも、誰一人として同じ人はいないじゃないですか。

生きてきた環境が違うから、性格が違って当然。考え方が違って当然。当たり前が違って当然。だから、好き嫌いも違って当然。

 

みんなに愛されてる国民食のカレーだって、嫌いな人もいるでしょ。

それと同じことだと思います。

 

◎嫌われてもいいと思ったら生きやすくなった

f:id:maruok-y:20160309235314j:plain

誰にでも好かれていて、キラキラしてる人、素敵じゃないですか。だから、嫌われたくないと思っていたし、みんなに好かれるキラキラした人になりたいと心のどこかで思っていたから良い人になるために必死だったんだと思うんです。もっと若いころはね。

 

だけど実際は逆でした。

 

嫌われてもいい。私は私。人は人。と思うと、人にいい顔しなくなる。

だからもちろん私を嫌う人は人数的には増えてるんだろうけど、その代わりに、私と仲良くしてくれる人との関係が密になりました。

 

誰にでもいい顔してたときは、あれ?本当の友達ってなんなんだろう?って正直思ったこともあって、一時期悩んだこともあったんですけど(笑)

要するに、八方美人には八方美人が集まる。類は友を呼ぶんです。

 

嫌いなら嫌いでいいし、離れてくれて全然構わない。

このスタンスでいくと、結果的に周りには気が合う人が残るんですね。

 

◎好かれることより大事にすることにエネルギーを使いたい

https://www.instagram.com/p/BCrPLEtn0Ub/

#ピクニック #お弁当 #おしゃぴく 次は何をしよう♡

 

一人でも多くの人に好かれようと努力するのも、まあそれはそれでいいのかもしれないけど、私はそれよりも、私を好きでいてくれる人、私と一緒にいてくれる人、私を理解してくれる人、私を応援してくれる人を大事にすることにエネルギーを使いたい。

好かれようと、人の顔色伺いまくって、自分を押し込めるのにエネルギーを費やすのは、なんかもったいないと思うから。

 

◎好きの反対は無関心

f:id:maruok-y:20160309233925j:plain

この、嫌われてもいいやー。私は私、あなたはあなた。っていうスタンスでいくと、不思議なことに、嫌いな人は大幅に減りました (笑)

と言うか、好き、もしくは、無関心。になった。

 

あいつ嫌いーーー。じゃなくて、え?ごめん、興味ない。

 

◎まとめ

嫌われる勇気を持つ。私も当分、このスタンスでいきます。だって生きやすいもん。